佐藤慧さんのエッセイ「悲しみは雪解けのように」を見て。

2019-10-07 04:48:50 | 日記

ジェリービーンズさんたちのページをずっと検索しているうちに、「佐藤慧」さんのエッセイに繋がりました。「悲しみは雪解けのように」という内容でした。この文章に繋がらせてくれたジェリービーンズさん、今更ながら有難う。私に繋がってくださっている皆様にも、是非読んで頂きたいと思いました。私は彼のエッセイに、これからの私のあり方を教えてもらった気がしました。

佐藤慧  「悲しみは雪解けのように」 是非検索してみてくださいませ

P1010687   P1010672

P1010675   P1010684

これらは今年初めて訪れた「気仙沼伝承館」を見学した時の写真です。

この記事に対するコメント

  • hatomune 2019年10月9日23:30

    fuskさんお久しぶりです。寂しくても、悲しくても何時かお日様のぬくもりをしっかり感じることが出来る日が必ず来るのですよね。今、この一瞬を大切に楽しみたいと思います。そして今この一瞬があることの意味を感謝したいです。多くの人々の教えや支えによって今を生かされていることに。

  • fusk 2019年10月9日04:44

    早速行って来ました。
    佐藤さんほどの大きな衝撃ではなかったものの。。
    夫が死んで数ヶ月。悲しいとか寂しいとかいう気持ちではなく。
    何をしてもつまらない毎日でした。
    ただ自分が転んではいけないという思いに毎日精一杯生きていたような。
    「灰色の世界」をうろついていた気がします。。
    そしてある日。うららかなお日様が出ている公園を歩いていて。。暖かな温もりとともに煌めく光の中で。。
    いつのまにか自分の周りに色が戻っているのに気がつきました。
    ああ。この世には色があったのだ。。と思えた日でした。

コメントを残す



今年のハトムネツアーは陸前高田まで足を延ばすことが出来ました

2019-10-07 04:25:34 | 日記

随分ご無沙汰をしてしまいました。ツアーのご報告が大変遅くなっていて、まさか体調でも壊しているの?との問い合わせ迄頂いてしまいましたが、元気で~す!!!ツアーのブログを何時ものように書こうと思うタイミングを外してしまったというのが正直な気持ちです。

今年の夏は多分一生忘れられない夏になると思います。多くの出会いと、別れの入り混じった夏。思ったことが次々と叶った夏で、それをずっと支えてくれた人への感謝の日々でもありました。継続することの意味と、それに協力してきてくれた多くの仲間たちとの絆の深さに、心からの感謝をしたいです。

チームわたほいさんのホームページ。ジェリービーンズさんたちのホームページ。そして近藤洋平さんのホームページなどに繋がっていただくと、今年のハトムネツアーが如何に充実していたかを感じて頂けると思います。私は皆様へ只、只これまで続けて来させてもらったことに心からの感謝を伝えたいと思います。

有難う!私と出会って下さった皆様! 有難う!共に活動してくださった仲間たち!

そして有難う!!!このページを見て下さっている皆様!

P1010647   P1010660

P1010695   P1010708

P1010721   P1010741

DSC00152   DSC00151

DSC00150   DSC00143

DSC00182   DSC00177

コメントを残す